logo
メニュー
logo
メニュー
button
2021.5.5 カテゴリ | ふぁみりぃコラム

いつもの靴で大丈夫?靴下の重ね履き実験!

突然ですが、みなさん、靴下の重ね履きを試されたことはありますか?

これから気温も上がって薄着になる季節になりますが、一年を通して足の冷えを感じている方は多いと思います。でも、なかなか重ね履きまで手が伸ばせない原因の1つに、いつもの靴に合わせられるの?重ねることでどれぐらい窮屈になるの?などの不安がありませんか?

今回は、一般的に履くシーンが多い靴で重ね履きをした感じを実験してみましたので、ぜひ参考になさってみてくださいね。

23710_top

 

用意した靴下

23710_1

23710_2

23710_3

23710_4

23710_5

 

絹コットン5本指フィット 690円(税込)

絹コットン5本指フィット 690円(税込)   +   絹コットンリブ編み靴下   740円(税込)

冷えとり絹コットン2枚セット  1,360円(税込)

冷えとり4枚セット  2,200円(税込)

冷えとりリネンリブ4枚セット  2,860円(税込)

 

靴はこちらを用意しました

23710_kutsu

①バレエシューズ (サイズ感:ピッタリ)

②スニーカー (サイズ感:少し余裕あり)

③ビルケンシュトック (サイズ感:少し余裕あり)

④GUで購入したパンプス (サイズ感:ワンサイズ大きい)

 

①絹コットン5本指フィット

23710_kk1

靴下の重ね履き実験なのに、この靴下を実験の初めに選んだ理由は、1枚でも内側が絹、外側がコットンの構造になっていて重ね履きをしているかのようになるからです。重ね履き初心者の方にも一番違和感なく履いてもらえる靴下です。

シルクふぁみりぃでは、放湿性・吸湿性に優れ肌当たりのよい絹の靴下を1枚目に履き、その上から放湿してくれるコットン・ウール・リネンなどの靴下を重ねていただくことをおすすめしています。

一般的に、重ね履きをする際の1枚目の5本指絹靴下は「かかと」の形がなくストンとした筒状のタイプです。靴下を重ねていくことで「かかと」が無くても安定した履き心地が得られ歩行にも問題は無いのですが、初心者の方の中には、そのゆるっとした履き心地に違和感を感じられたりして、重ね履きを断念される方も少なからずいらっしゃいます。

そのような理由から、初めてのお客様には1枚でも内側が絹、外側がコットンで作られた、1枚二役のこの靴下をおすすめすることも多いです。

23710_a1b

少し厚みのある靴下なので、バレエシューズはぴっちり感が出ていますが、まだ大丈夫です。

ビルケンシュトックはまだまだ全然大丈夫です。スニーカーやワンサイズ大きめのパンプスも十分ゆとりがありました。

23710_a3b

 

②絹コットン5本指フィット+絹コットンリブ編み靴下

23710_kk2

先ほどの5本指靴下に先の丸い靴下を重ねてみました。厚みのある5本指靴下なので、中に重ねていることが外から分かるシルエットになっています。もっと丈の長いボトムス合わせなら問題なく履いてもらえそうです。

23710_b1b

バレエシューズはかなりキツめの履き心地です。このバレエシューズは布生地製なのでまだ履けたと思うのですが、しっかりとした革製なら厳しいと思います。他の3足は問題なく履けました。

 

 

③冷えとり絹コットン2枚セット

23710_kk3

2枚セットの1枚目に履く5本指靴下も内側が絹、外側がコットンで作られていて、先に履いた「絹コットン5本指フィット」と同じように1枚二役です。

ですが、こちらは重ね履き用に生地が薄めに作られているので、外から見たときに重ねている感が出ていません。

23710_c1b

バレエシューズの履き心地も先ほどのフィットと重ねている時より楽でした。

 

 

④冷えとり4枚セット

23710_kk4

ここからは未体験ゾーンで少し緊張感すら覚える撮影現場でしたが、やはりバレエシューズはこの時点でサイズアウトとなりました。スニーカーは靴紐を緩めることなく履くことができました。

23710_d3b

ビルケンシュトックもまだベルトの位置を変えることなく履けています。

23710_d4b

ワンサイズ大きめのパンプスもそこまで窮屈感はなく大丈夫でした。

 

 

⑤冷えとりリネンリブ4枚セット

23710_kk5

先に履いた基本の4枚セットの4枚目がオーガニックコットン100%の先丸靴下なのですが、カラーが生成色のみなのです。なのでシルクふぁみりぃでは4枚目のカラーを選んでもらえるセットを生地ごとにご用意しています。今回は夏向きにリネンセットで履いてみました。今回もスニーカーは靴紐を緩めることなく履くことができました。

23710_e3b

23710_e3

ビルケンシュトックは今までのベルト位置だと横幅でつかえてしまい、かかとが後ろに出てしまっています。

 

23710_e3d

23710_e3c

ベルト位置を緩めてしまえば、全く問題なく履くことができました。

 

23710_e4b

ワンサイズ大きめのパンプスも先ほどの4枚セットよりはキツい感じがしましたが、このセットでも痛くて無理な感じはありませんでした。

 

さいごに

昔から「頭寒足熱」と言われるように、季節に関わらず足元を温かくしておくことは健康への近道だと思います。今回は4枚セットも2種類履く実験をしましたが、スニーカーやビルケンシュトックなど紐やベルトでサイズを調節できるものは、重ね履きをするにあたって新しい靴を用意する必要もなく、楽な気持ちで試してもらえることがわかりました。

またパンプスなどはGUなど安いお店でワンサイズ大きいものを調達してみるのもいいかもです。

 

メディアページの記事を検索することができます

kensakuhouhou

ブラウザの検索バーに、【site:silkfamily.jp  ◯◯◯】と入力し、検索してください。

※◯◯◯の部分に検索したいキーワードを入れてください。

※◯◯◯の前には必ずスペースを入れてください。

 

合わせて読みたい

Lifestyle

ライフスタイル
ライフスタイル記事一覧

Letters from Users

お手紙紹介 お手紙一覧