logo
メニュー
logo
メニュー
button
2019.8.28 カテゴリ | 製品レポート

ショーツ選びのお手伝い 〜ボクサー型ショーツ編〜

top

今年の夏もようやく盛りを過ぎようとしていますね。前回の記事ではシルクふぁみりぃのスタンダード型ショーツについて詳しくご紹介しました。今回は、さらにゆったりとお尻を包み込むような履き心地の”ボクサー型ショーツ”についてご紹介いたします。

*2021年7月19日情報を更新しました。

 

ボクサー型ショーツ

腰回りにぴったりとフィットしてくれるボクサーパンツは、保温性が高く多くの女性を悩ませる冷えの解消に効果を発揮してくれます。

※表は、マルベリーリラックスショーツを基準に考えています。

※サイズのあるものは、それぞれMサイズで比べています。

boxer

 

生地の厚さは、「他ブランド 正絹100%シルクニットショーツ」<「シルク無縫製らくフィットショーツ」 「カモミールショーツ」< 「マリーリラックスショーツ」「マルベリーリラックスショーツ(サニタリー用ダブルクロッチ)」「マルベリーリラックスショーツ」< 「他ブランド シルクウールボクサーショーツ」の順になります。

 

ゆったりと履けるショーツは?

 

 

マルベリーリラックスショーツ」と「マリーリラックスショーツ」はどちらもウエストが腹巻生地になっていて、全体的にゆったりしていて、ウエストも全く締め付けません。シルクをたっぷり使ったロングセラーショーツの「マルベリーリラックスショーツ」の形を参考に、人気のマリー生地で作られたのが「マリーリラックスショーツ」。それぞれサイズはほとんど変わりませんが、マリーの方が生地が伸びるので少しゆったりめに感じます。締め付けやウエスト、足口のゴムが気になるという方や妊婦さんにもおすすめです。

 

また、「シルク無縫製らくフィットショーツ」は上の2つに比べると股上は少し浅めですが、軽く柔らかく伸びてくれて元に戻ろうとする力も少ないので、優しくフィットするのに全く締め付けがなく履いていただけます。

 

小さめショーツをお探しの方におすすめのショーツは?

 

小柄な方には、「カモミールショーツ(ボクサータイプ)」がおすすめです。「カモミールショーツ」は軽くて薄地で、年中履いていただけるショーツです。ざっくりとした肌触りで、デトックス効果が高いと言われるワイルドシルクを内側に使用しています。

 

 

さいごに

いかがでしたか?”お手入れ編”、”スタンダード型ショーツ編”、”ボクサー型ショーツ編”とお届けしてきた、ショーツ選びのお手伝いシリーズも次回で最後になります。ラストは”腹巻付きショーツ”について詳しくご紹介いたしますので、ぜひご覧くださいませ。

 

合わせて読みたい記事

 

Lifestyle

ライフスタイル
ライフスタイル記事一覧

Letters from Users

お手紙紹介 お手紙一覧