logo
メニュー
logo
メニュー
button
2019.8.21 カテゴリ | 製品レポート

ショーツ選びのお手伝い 〜スタンダード型ショーツ編〜

top

みなさんショーツを選ぶ時、何を重視して選びますか?デザイン、素材、機能性、、、重視する要素はさまざまですが、下着は毎日身に付けるものなのでご自身にあったものをお選びいただきたいです。たくさんあるシルクふぁみりぃショーツを「スタンダード型ショーツ」・「ボクサー型ショーツ」・「腹巻付きショーツ」の3つに分けて比較してみました。その中でも”ヒップの置き寸法”と”伸縮性”で比べた表を作ったので参考にしてみてくださいね。それでは今回は、スタンダード型ショーツを詳しくご紹介していきたいと思います。

 

スタンダード型ショーツ

レースがついているものやおしゃれで可愛い雰囲気のショーツです。若い方や、見た目が気になる方におすすめです。

※表は、マリーショーツを基準に考えています。

※サイズのあるものは、それぞれMサイズで比べています。

 

表2スタンダード

 

ゆったりと履けるショーツは?

 

シルクふぁみりぃのショーツは基本的にゆったりと履いていただけるのですが、伸び寸が大きいものはよりフィット感なく履いていただくことができます。スタンダード型ショーツの中では、「マーガレットショーツ」、「アンゼリカショーツ」、「チコリショーツ」、「ベルガモット シンプルショーツ」がヒップをすっぽり包んでくれてゆったりとした履き心地です。履き比べた時の股上の深さは「アンゼリカショーツ」が一番深かったです。元の大きさに関わらず、伸びが良いものの方が股上は深くなるようです。ちなみに厚さは、チコリショーツ<マーガレットショーツ、アンゼリカショーツ<ベルガモット シンプルショーツの順になります。

 

また、サイズ展開が多い「他ブランドのショーツ」は、自分に合ったサイズをお選びいただきやすいです。ただ、伸びが少なく体にフィットしますので、普段履いているショーツのワンサイズ大きいものをお選びいただいてもいいかもしれません。

 

小さめショーツをお探しの方におすすめは?

 

小柄な方や細身の方には、「マーガレットショーツ」や「カモミールショーツ」がおすすめです。ゆったり履けるようにと大きめサイズに作られているシルクふぁみりぃのショーツの中では、比較的小さめに作られているのがこの2つになります。リブ生地の「マーガレットショーツ」は小さめながらもよりゆったりと履いていただけ、ワイルドシルクが使われている「カモミールショーツ」はデトックス効果が高いと言われているショーツです。

 

一番締め付けがないショーツは、、、

 

一番締め付けがないショーツは「ふんどしショーツ」です。鼠径部の締め付けが気になるというお客様のお声から生まれました。似た形のソレルとベルガモットの違いは外側に使われている素材です。ソレルは肌側がシルク100%、外側がコットン100%の生地で、ベルガモットは、肌側がシルク100%、外側がウール100%の生地になります。ベルガモットの方が若干厚地になります。詳しくは、”体験レポート(10) 〜ベルガモット ふんどしショーツ〜”でご紹介していますので、よろしければご覧くださいね。

 

また先週から販売開始された、「チコリ 花びらふんどしショーツ」は、上記のふんどしショーツとは少しデザインが違っています。シルク100%で編み上げた柔らかい花びらのような、涼しいニットのショーツです。締め付けが全くなく、体に沿ってくれるような優しい着け心地になります。

 

さいごに

いかがでしたか?今回は、3つの分類の中の「スタンダード型ショーツ」についてご紹介しました。次回は、シルクふぁみりぃの「ボクサー型ショーツ」について詳しくご紹介しますのでよかったらご覧くださいね。

 

合わせて読みたい記事

 

Lifestyle

ライフスタイル
ライフスタイル記事一覧

Letters from Users

お手紙紹介 お手紙一覧