logo
メニュー
logo
メニュー
button
2018.3.14 カテゴリ | ふぁみりぃコラム

【 ベンガラ染め I 】 〜 してみた編 〜

みなさん、”ベンガラ染め”ってご存知ですか?シルクの製品はお洗濯によって、すぐに色が変色してしまいますよね。「シルクふぁみりぃの商品は色展開が少なくて、同じ商品をリピートしすぎて色に飽きてしまった。」というお声を耳にすることもあります。そこで、おすすめしたいのがベンガラ染めです。ベンガラ染めは、人や環境に優しく、染料と少量の水で手軽に染めることができます。今回は、1万円以上お買い上げいただいたお客様へのプレゼントになっている、ベンガラ染めを実際に体験しリポートします。

 

ベンガラ染めって?

ベンガラとは、土から取れる成分(酸化鉄)です。紅殻、弁柄とも呼ばれ、語源はインドのベンガル地方より来伝しとことからベンガラと呼ばれています。媒染剤や火を使わず少量の水で揉み込んで染める省エネルギーな染色です。日本の暮らしにも古くから根付いている素材で、陶器から家屋のベンガラ塗りまで様々な用途で使われてきました。日光による褪色がないことも特徴で、人体にとって優しく無害であることから、天然繊維の染色、オーガニックコットン製品にも使われています。ただ染めるだけではなく、板締め絞り染めや型染め、輪っか絞り染めなど染め方も多くあり世界で一つだけのものを染めることができます。

 

用意するもの

■ 染めたい衣類

■ 下染剤

■ 染色液

■ バケツ

■ はかり

■ ゴム手袋

 

その他今回は、

■ 板締め絞り 木型

■ 輪ゴム

■ 紐(たこ糸)

■ ハケ

を用意しました。

a

b

 

 

ベンガラ染めをしてみました

シルクふぁみりぃ店主、スタッフ数名とともに、初ベンガラ染め体験をしました。それぞれ、思い通りの色や柄になったり、ならなかったりと、ワイワイ楽しみながら素敵な作品が出来ましたよ~。まずは、作業風景を写真でご覧いただいてから、出来上がり作品をご紹介してきますね。

d1

BL9A4453

d

j2

g

b

a

c6

b

 

 

染めた作品の紹介

今回は、全体染め・絞り染め・板締め絞り染めの3種類の染め方法を実践しました。

 

ソレル カシュクールブラ & ソレル ふんどしショーツ

◎全体染め

 

【Before】

0214j

 

0213g

 

【After】

BL9A4676

※春桜で染めました

生成のみの展開だったブラジャーとショーツが可愛い春桜色に変身しました。優しく落ち着いた色味で、さらに履きやすくなったのではないでしょうか。同じ生地のものを上下で染めて、セットで履いていただくのもとても可愛いですよね。

 

 

チコリ なめらかブラ & チコリショーツ

◎全体染め

 

【Before】

0281a

 

0280m

 

【After】

BL9A4694

※藍錠染めで染めました(藍錠とは、藍の生葉を発酵・沈殿してできた顔料です。)

絹の光沢も残ったままの落ち着いたブルーに染まりました。ピンクは可愛すぎるし、グレーだと地味かもしれないと思った時には、爽やかなブルーのブラジャーとショーツに生まれ変わらせても良さそうですね。

 

 

冷えとり4枚セット

◎全体染め

◎絞り染め

 

【Before】

0300z

 

【After】

BL9A4682

※茜で染めました

冷えとり4枚セットは、絹・綿・絹・綿の順に履いていきますが、全て同じ色なので素材の区別が付きにくく、どれを何枚めに履くのかわからなくなってしまったことってありませんか?そんな時のために、絹と綿で色の濃さを変え、さらに絞り染めもして可愛くしてみました。これで冷えとりもさらに楽しくなりそうですね。

 

 

絹100%UVカット ロングスリーブ

◎全体染め

◎絞り染め

 

【Before】

0106a

 

【After】

BL9A4722

※煤染めで染めました(煤染めとは、松を燃やしてできた墨で染める染色です。)

煤の色と生成の色が合っていて素敵なアームカバーになりました。絹の光沢で煤の色をさらに綺麗に見せてくれています。アームカバーはこれからの季節大活躍ですので、一手間加えておしゃれアイテムにされるのもいいかもしれませんね。

 

 

ワイルドシルクシフォンストール

◎全体染め

◎板締め絞り染め

 

【Before】

1_039000000003

 

【After】

BL9A4734

※春桜で染めました

板締め絞り染め初挑戦のスタッフが染めました。簡単に染めることができたようです。少しグラデーションになっているのも味があって素敵ですよね。春に大活躍してくれそうです。

 

a

b

※甜茶、紫陽花、鉄朱、藍錠の4色で染めました(こちらの商品の染め方は、染め方の手順でもご紹介しております。)

スタッフにも大好評だった力作ストールです。4色の円が個性的で素敵なストールに出来上がりました。ナチュラルなお洋服や浴衣にも合いそうですよね。

 

 

マルベリー リラックスショーツ

◎全体染め

◎板締め絞り染め

 

【Before】

0059a

 

【After】

BL9A4976

※腹巻部分を古色、その他を藍錠で染めました

藍錠で染めることで男性でも違和感なく履けるショーツに生まれ変わりました。ベンガラ染めは、好きなところで塗り分けるという作業が非常に難しいです。こちらのショーツは、腹巻部分は古色を増粘剤で粘りを出しハケで丁寧に塗りました。その後腹巻部分だけ板で挟んでベンガラ染めしました。やはり染め分けは難しく、少し染みてしまいました。

 

 

マリー キッズ3分袖インナー & マリー キッズボトムス

◎全体染め

◎板締め絞り染め

 

【Before】

0292e

0195uu

 

【After】

BL9A4705

※鉄朱と煤染で染めました

シンプルなキッズのインナーも、上下セットで染めれば、元気が出るカラーで染めれば、楽しんで着ていただけそうです。少しムラができてしまいましたが、綺麗な明るい色に染まりました。パンツは、汚れても目立たないように煤染めをベースにアクセントをつけて染めてみました。

 

 

カモミール フリーブラキャミソール

◎全体染め

◎板締め絞り染め

 

【Before】

i1

 

【After】

BL9A4622

※甜茶+藍錠で染めました

汚れてしまった、カモミールフリーブラキャミソールも染めてみました。汚れが目立たないようにするために、甜茶と藍錠を混ぜ少し暗めの色にしました。アンダー部分に線を入れてみましたが、まっすぐ染め分けるのは難しく全体を染めてもよかったかなと思いましたが、汚れは目立たなくなりました。

 

 

体験の感想

染めるのって準備も後片付けも大変だと思っていましたが、準備するものも少なく、手軽に短時間で染めることができました。染料が手についても洗うと取れますし、使用後の水は排水口に流しても問題ないので、片付けもとても楽でした。自宅でも簡単にできそうです。染めた後の風合いは少し硬くはなりますがほとんど変化はなく、においも全く気にならならなかったです。シルクふぁみりぃの生地では、マリー生地が一番染まりやすく風合いも損なわれなかったように思います。また、同じ商品でも、染め後の風合いが異なるものもあったので、まだまだ勉強が必要だと思いました。

 

さいごに

いかがでしたか?手軽にできますし、環境にも身体にも優しいので、家族みんなでお好みのお色に染めてみてはいかがでしょうか。自分で染めれば愛着も湧きますし、捨てようかと悩んでいるものも、その前に一度染めてみるのもいいかもしれません。次回は、染め方の手順についてご紹介いたしますので、ぜひチェックしてくださいね。

 

今回、施設を提供してくださった、「自由空間ゼロ/編集工房DEP」さんのHPはこちらです。

 

関連商品

 

合わせて読みたい記事

 

Lifestyle

ライフスタイル
ライフスタイル記事一覧

Letters from Users

お手紙紹介 お手紙一覧