logo
メニュー
logo
メニュー
button
2017.12.13 カテゴリ | ふぁみりぃコラム

冷えとりファッション 〜 2017 冬ver. 〜

日中でもコートが手放せない季節になり、本格的に冬がやってきました。
冬素材は生地も厚く、何枚も重ねているうちに厚ぼったくなってしまいますよね。いかに着ぶくれせず、おしゃれに冷えをシャットアウトするか、今回は基本の重ね履きからぜひ知っていただきたいコーディネートのポイントまでご紹介したいと思います。

 

定番の重ね履き

3

着用アイテム

マルベリー 8分袖インナー

シルクリブスパッツ(チャコール)

天然素材100% ウールリブスパッツ(チャコール杢)

季節限定 あったかシルク冷えとりウォーマー(グレージュ杢)

冷えとり絹ウール 2枚セット(マスタード杢)

c

とても素敵な、基本の重ね履きコーディネートです。冷えとりには”頭寒足熱”が基本で、上半身を薄く、下半身は厚く着るのがベテランさんの着方です。上はなるべく着込まず、下にゆったりめのボトムスをはくことで、スパッツ2枚、レッグウォーマー1枚、靴下2枚を重ねているようには見えませんよね。とても不思議ですが、これがおしゃれな冷えとりさんに共通する冷えとりコーディネートなんです。

 

冬素材のヤクでぬくぬく

2

着用アイテム

無染色ヤク100%セーター

数量限定 無染色ヤク100%カバーショーツ ロング丈(ナチュラルモカ)

季節限定 絹ウールスパッツ

冷えとりウールセット(リーフグリーン)

 

上半身はヤクでポカポカあたたかく、下半身は絹とウールでデトックスを期待した冷えとりコーディネートです。ヤク素材はお肌の敏感な部分に直接当たるとチクチクする時があるので、いつも下に1枚インナーを着るようにしているそうです。(→ ヤク素材についてはこちらの記事をご覧ください)

またこのスリッポンは、重ね履き用に少し大きめのものを購入したそうです。探すときのポイントは、ワイズ(足の横幅)ができるだけ大きいものを意識して探すことです。重ね履きをしている場合、サイズは問題ないのに横幅が狭くて履けないということがよくあるのでお気をつけくださいね。

 

パーティーシーンで隠れて冷えとり

1

着用アイテム

コットンカシミヤシルクタートル(アッシュグレー)

マルベリー リラックスブラ

フェンネル長袖インナー

クィーンウール カバーショーツ(アースブラウン)

シルクリブタイツ(チャコールグレー)

絹コットン5本指フィット (黒 / スニーカー

e

結婚式やパーティーでの冷えとりは隠れてしたいですよね。コットンカシミヤシルクタートルはリブ生地でよく伸びてフィットしてくれるので、フェンネル長袖インナーと重ねても、窮屈になることなく着ることができます。スカート下のクイーンウールカバーショーツは普段着だけではなく、制服の下や冬の就活のスーツの方にも強い味方になってくれる商品です。そして、今回一番おすすめしたいポイントが、シルクリブタイツと絹コットン5本指フィット(スニーカー)を重ねても嫌な段差ができないところだそう。タイツでも重ね履きしたいけれど、重ねた時の段差が気になっていた方にぜひご紹介したい履き方です。もし靴を脱ぐようなシーンでも重ねて履いていることは全くわかりませんので実践してみてくださいね。

 

さいごに

いかがでしたか?たくさん重ねた冷えとりもあたたかいですが、素材の特徴をうまくいかして、冷えとりコーデを楽しんでみてくださいね。

 

Lifestyle

ライフスタイル
ライフスタイル記事一覧

Letters from Users

お手紙紹介 お手紙一覧